目のスペシャリスト|医療事務の資格を取って夢を実現|貴方次第で未来は変わる

医療事務の資格を取って夢を実現|貴方次第で未来は変わる

メンズ

目のスペシャリスト

男性

眼科チームの一員

視能訓練士は、眼科などでの視力に関する測定や訓練を担う仕事です。1971年に資格が制定されてから2013年までの間に10879名が試験に合格しています。視能訓練士の国家資格があると、視力や視野、屈折、眼球運動を始めとした詳細な視能検査や眼球の撮影検査などができますし、斜視や弱視の方の訓練治療も行えるので詳しい専門知識が求められます。所定の教育課程を履修しているのが国家資格の受験条件です。そのため、高卒の方は3年以上、そして大学や短大、看護学校を卒業した方は1年以上専門課程を学ぶ必要があります。国家試験は年1回で、専門課程を学べる養成学校は2016年段階で全国に25校あります。卒業が内定したら国家資格に挑戦できる流れです。

活躍の場が多い

視能訓練士の国家試験に合格すると、次に待っているのは就職です。視能訓練士の就職が最も多いのは、眼科の診療所で40%近くが個人もしくは医療法人の眼科を選んでいます。その他の公立・私立の医療機関の眼科には、合計して26.4%の方が就職しています。国公立の大学病院なども、視能訓練士の就職先に挙げられるでしょう。ごくわずかではありますが、視能訓練士の学校や養成所で講師になる合格者もいます。視能訓練士はメガネやコンタクトの処方に関する検査も実施できるので、販売店で専門スキルを活かすことも可能です。視力のリハビリにも携われることを考えると、高齢化によって視力に悩む方をサポートする業務にも期待できます。ニーズを見ると今後の需要の増加が見込めます。